旧友と魚

暫く東京で働いていた旧友が、長い長い勤務に終止符を打って田舎に帰ってきた。なんでもクビになったんだという。クビとはいっても、勿論救済処置はあったのだ。ところが彼はそれを断った。だからクビというニュアンスに限りなく近い感があるもののそれは自主退社ということになるのだろう。

続きを読む 旧友と魚

夕焼け空

空が綺麗に夕焼けになると、母さんは必ずこう言った。

「あれは空が焼けているのよ」

忌々しい顔つきでそう言う母さんを見て、きっと母さんは夕焼けが嫌いなんだと思った。そして、あんなに綺麗なのに何で嫌いなんだろう、そうも思った。けれど僕は、それを口に出すことはしなかった。

続きを読む 夕焼け空