【500年の営み(山中ヒコ)】 アンドロイド×人間に未来はあるか?

BLは商業だけでもかなりの数が存在していますが、その中でもダントツで記憶に残っているのが「切ないBL」です。以前も切ない系BLとして門地かおりさんの「告白の言葉のない国」について書きましたが、他にもまだまだたくさんありますので紹介していきたいと思います。

今回は山中ヒコさんの「500年の営み」という作品。これも時期とすればやや古めではありますが、もう~とにかくストーリー派の方は必読です!!!本当に!!!

 


500年の営み (FCオンブルーコミックス) [ 山中ヒコ ]


まずはあらすじから。
一言でいうと近未来SFですが、もっと分かりやすく言うとアンドロイドとの恋愛モノです。

【あらすじ】
「あんまり似てなくてごめんね――好きだよ」 亡くした恋人を追って自殺したはずが250年の冷凍保存の末、未来世界で目覚めた山田寅雄(やまだとらお)。世話係として起動したアンドロイドは優しく親身になってくれるものの、亡くした恋人の”3割減”な残念ロボットで――? いじっぱりな青年が愛を受け入れ希望を求めて歩き出す、痛切な未来ラブストーリー。出典:コミックシーモア

 

私は個人的に山中ヒコさんの作品が好きなんですが、どれを見てもものすごくストーリーがしっかりしてらっしゃるんですよね。そしてどこか胸に刺さる。しかしそれはくどくなくて、本当にさらっと、短い言葉でそれとなく読者にメッセージしてくるかんじで、そこに読者側の「考える余地」があるのです。

この「500年の営み」を読んだあと、痛烈に感動してしまって思わず山中ヒコさんのサイトにお邪魔したのですが、確かブログだったか…とにかく近況を報告されてる場所に書かれていたことがとてもまじめな社会問題的なことだったんですよ!個人的にそれがすごく印象深くて…!

作品と作者は別物とおっしゃる方もいますが、私は自分も一応創作している身として、「その人が普段考えていることは嫌でも創作物に反映される」と思っています。それはストーリーやネタそのものの場合もあるし、たった一つの台詞や、その言葉のチョイスにさえ現れると思っているんですよね。

だからリアルに誰かと話すときって、「この人はやけにこの単語を発するな…」っていうときってあるじゃないですか?それはもうその単語がその人の人生や性格を表してると思うんです。雑談の中でさえそう感じるわけなので、創作物という表現の塊みたいなものは正にそれの集大成だと思うわけで!

 

で、「500年の営み」はアンドロイド×人間という、個人的にツボMAXな内容だっただけにかなり食い入りました(笑)しかもアンドロイドって普通は完璧な感じがしますが、彼の場合はそうじゃない。恋人と外見は似てるけど3割減…「あれがちがう、これがちがう」となってしまうわけですが、ここがまたジレジレしていていいんですよね(笑)

 

実はこの本を読んだとき、ある作品のことを思いだしたんです。ご存じの方がいらっしゃったら嬉しいんですが、現在漫画家として活躍してらしゃる橘水樹さんと櫻林子さんがサークル「紫宸殿」で魔導王グランゾートの二次創作をされていた時期に、影大地君×ラビという本を出されてまして…

これ、本のタイトルが記憶あやふやなんですが…「アインシュタイン」か「ダーウィン」か…そのあたりだった気がするのですがちょっと忘れました;

二次創作というフィールドではありますが、さすが超大手サークルだけだってとにかくストーリーが重厚で!私は今でも個人的に尊敬してるんですが、ほんと、エロシーンもないのにあそこまでストーリーで人を引き付けられる同人家って今はそんなにいないのじゃないかと思っているんです。だってワンシーンじゃないんですよ!二人きりの世界でもないんですよ!全部で300ページはくだらないしシリアスなんですよ…「シリアス恋愛」じゃなくて、「人生の話の中に恋愛が乗っかってる」っていう…って、思わず力説してしまいましたが(笑)

まあともかくそこで描かれていたのは、恋人そっくりの影人間×受キャラという内容だったんですね。しかも恋人そっくりのソイツはどこかドジなんですよ。それを見て、「うわ、こいつってアイツにそっくりだけどダメダメじゃん。似ても似つかねーよ」って思うんだけど、恋人に似てる部分にドキッとして、そして、恋人と違う不器用な優しさにドキッとして、っていう…

この話を読んだのは小学生か中学生の頃だったので、もうこの話がすごく印象深くて!ずっと忘れられなくて自分もそういう話が書きたいと思って書いたことがありますし、今もそういうのが書きたいんですが(笑)、とにかく「500年の営み」を読んだときその話がフラッシュバックして、「あ、これは感動するやつだ!」と思いました。

 

近未来モノってバッドエンドが多いような気がします。やはりアンドロイドと人間の間にある拭い去れない壁みたいなものを描いているせいか、どうしてもその方向になりますよね。

この話も、読み終わったあとの虚脱感はやはりぬぐえないものがありました。しかし感動しました!必ずしもバッドエンドかというとそうでもない気がするので、気になる方はぜひ読んでみてほしいです。

恋人に似たアンドロイドだから最初はどうしても「何かが違う」って拒絶するけど、接していくうちにどんどん「恋人とは別の個体」として好きになっていく。そのときそれは、恋人の代わりにすきになっているのか、別の人間に恋をしたのか、結構考えさせられるものがありますよね。そして、恋人そっくりにこの世に誕生したアンドロイドは、独自の存在として相手を好きになっていいのか、っていう…

とにかくこの手の話は考えさせられます。それこそ、BLじゃないけど樹なつみさんの「OZ」とか古い時代から脈々を受け継がれているテーマだな、と…。だけどアンドロイドと人間の話って、アンドロイドが主役じゃないんですよね。どんなにアンドロイドがメインになっていても、結局テーマは「人間の心」にフォーカスされているなといつも感じます。

 

なんだか500年の営みの感想になっていないですが(泣)

アンドロイドネタが好きな私にとってはある意味では鉄板ネタというかんじですが、何度読んでも良い作品です。絵柄が素朴なので切なさが一層つのります。山中ヒコさんの作品はどことなくアート感が漂っているので、独特の世界観にどっぷり浸かりたい方はぜひ読んでみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です